バナー

冠婚葬祭における友人のブライダルにおける服装マナー

冠婚葬祭で気にかけなくてはいけないことに、服装のマナーがあります。


冠婚葬祭の中でも葬儀の席は喪服というわかりやすいドレスコードがありますが、ブライダルは晴れの場であり、挙式なのか、披露宴なのか、2次会なのかという場面や、結婚式場なのか神社なのか教会なのか、レストランなのかという会場の違い、また昼間なのか夜なのかという時間帯の違いでドレスコードが変わるため、知っておいたほうがよいマナーがあります。


特に、友人の立場でブライダルのマナーを守れることは、冠婚葬祭全般における信頼につながり、他の列席者からゲストとして招いてくれた新郎新婦の質として見られることがあるため、気を付けるにこしたことはありません。
ブライダルの主役はあくまで新郎新婦であることを忘れてはいけません。



よく白色の服がタブーとされるのはそのためです。

女性であればお祝いの席にふさわしい華やかなドレスや訪問着で正装とし、男性であれば黒の光沢のあるスーツが基本になります。特に女性のドレスについては丈が長いほど正装となり、昼間の式場であれば肩を露出しないことが原則です。



その際にファーで肩を覆うこともタブーです。



靴はエナメルなどの光沢のあるパンプスが基本となり、サンダルやミュール、ブーツなどもタブーです。
レストランウェディングの場合は、服装の制約は緩くなるため、白やバイカラーのワンピースなどを避けるようにすれば大丈夫です。

折角友人として招待されたからには、新郎新婦が恥ずかしい思いをしなくてもすむよう服装のマナーに気を付け、心から祝いたいものです。