img_02

社員を適切に管理する勤怠管理システム

勤怠管理システムは社員の出勤時間と退勤時間を管理するシステムのことです。

出退勤を把握することで社員がどのくらい働いているのかや、そもそも出勤しているのかどうかがわかります。

集計データが多い大企業や支社が日本各地に点在しており、本社でデータを一元管理する必要がある企業などが導入しています。

基本的にはICチップ内蔵のタイムカードや生体認証システムで出退勤を打刻するタイプが多いです。現在ではクラウドシステムを用いた勤怠管理システムも定着しつつあり、簡単に導入しやすくなっています。


スマートフォンから打刻できるタイプを利用すれば営業や出張で会社に来ない社員のほか、自宅で業務を行っている社員の勤務時間も把握することが可能です。

勤怠管理システムを是非ご利用ください。

また生体認証システムやスマートフォンから打刻できるようにすれば、膨大な量のタイムカードを保管する為のスペースも省けます。



一般的な勤怠管理システムでは正社員やアルバイトといった労働形態と勤務時間を合わせ、自動的に社員の給与を算出します。

All About情報がリニューアルしました。

なので給与明細を発行するスピードが格段に速くなり、これらに関連した部門の業務と人件費を大幅に短縮することが可能となります。

またWEB上で給与明細を表示するタイプにしておけば印刷代や郵送代も削減できます。

さらに勤怠管理システムを活用する上で便利なのが社員の働いている時間が一目瞭然であるという点です。

働き過ぎている社員にストップをかけたり、逆に休みすぎている社員に出勤を促すことに繋がります。